技術開発

技術開発は、中技術の業務の中で、主要な柱の一つです。
その業務は、一般研究と複数の会員が参加して行う共同研究を中心として実施しており、
実用化を目指した開発研究が中心となっています。

中技研では、会員各社の技術実務担当者で構成される「推進会議」において技術開発テーマを選定して「役に立つ研究」を実施しています。
また、研究所内に共同技術開発テーマごとに研究会を設け技術開発に当たっています。
更に中技研では、賛助会員との共同研究も行っており、その研究成果は会員各社の技術開発に役立っています。

土木
鋼製支圧板併用RC受圧板アンカー工法
山岳地帯における施工の諸問題  - 全・半自動深礎堀削機械の開発 -
流動化処理工法の利用技術の開発
高分子混合処理土の利用技術の開発
誘発目地によるコンクリート構造ひび割れ防止工法(ND-WALL工法)の開発
建築
高層免震建物の開発(引張力を受ける積層ゴムの実験)
ハーフプレキャスト鉄筋コンクリート工法の開発
コンクリート系部材の耐震補強・補修に関する実験的研究
地震エネルギー吸収型コンクリート系構法の開発
中流動コンクリートの製造および実用化に関する研究
高耐久木造軸組改良構法の構造性能
日建経式オープンハウジングの実用化
住宅小規模建物の免震実用化
高層建物の施工技術の確立
戸建木造住宅制振構法の耐震性に関する実験
誘発目地の開発
鉄骨造柱・杭一体工法の開発
土間スラブコンクリートのひび割れ防止に関する研究
pagetop